とり

はいたいっ

厳しい残暑が続く中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?西條です。

 

今月は、ファンの多い鳥たちの今の様子を紹介します

 

まずは長年、OMRCの看板娘として君臨しているオオバタンインコの”ミルキー”

近年はワラビー広場の奥でのびのび暮らしていましたが、

最近はかまってほしい!が凄すぎてドルフィンラグーン前に戻ってきました(笑)

 

わがままは健在ですが、相変わらずカメラ目線が得意なかわいい鳥です。

 

 

 

 

お次は人見知りNo.1セキセイインコの”ピースケ”

 

迷子を保護してから早5年以上、ちっとも人に慣れてくれません(笑)

しかし、人が手を入れてもパニックにならず落ち着いているので、大きな進歩です。

 

 

 

 

歌の上手な”オカメインコ”たち

特にご飯をもらった後にご機嫌で歌っています。

ちゃんとリズムがあって、一定の周期で歌が変わったりするので

毎日聞いていても飽きません♪

 

 

 

 

大人しそうに見えて、実は肉食のワライカワセミ”ラッフィー”

 

普段はじーっとぼーっとしているラッフィー。

何を考えているのやら。一番よめない鳥です(笑)

しかし、気分が乗った時?の鳴き声はとってもかわいいので、必見です

 

 

 

 

そして、大型インコの2トップ、

ハルクインコンゴウインコの”チャーミー”とベニコンゴウインコの”オスカー”

 

チャーミーは相変わらずのおしゃべり上手。朝の挨拶とバイバイははずしません!

 

オスカーはちょっと毛並みが悪く、見た目にはボサっとしていますが元気です!

 

 

 

そして最後に、モモイロインコの”ピンキーJr.”

まだまだ新入り、若いオトコノコです。

人懐っこく撫でて〜と近づいてくるのですが、うっかり噛んでくることもしばしば。

甘噛みとは言えちょっといたい(笑)

 

 

 

……ここでお気づきの方もいるかもしれません。

ご報告です。

 

先代モモイロインコの”ピンキー”は6月末に永眠致しました。

高齢だったこともあり、最後は大往生の様なかたちでした。

たくさんのお客様に愛され、ピンキーは幸せだったことでしょう。

長年ピンキーをかわいがってくれた皆様、ありがとうございました。

 

先代に変わり、これからは若いピンキーJr.が頑張ってくれることでしょう

 


関連する記事
コメント
コメントする








   

DateYear
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: