新しい仲間

 

みなさん、はいさーい土曜日担当の野原です!!

本日ご紹介するのは、タッチングリーフや水槽に暮らしている魚たちのところに

新たな魚が仲間入りする流れを一部紹介したいと思います

まずは、魚を採取することから始まるのですが、この広い湾内に網を突っ込んで採取
という手もありますが、そんな労力は費やしません!!

ここで活躍するのが、コレです



どのようにして使用するのかというと、このカゴ網をそのまま海へ沈めても魚は入ってきません
そこで魚の餌となる、魚の切り身をカゴ網内へ仕掛けます!!



そして海の中へとボチャン後は、魚が掛っていないか毎日チェックし、仕掛ける餌も毎日交換します!!
こうして根気強く続けると、こんなにも愛くるしい魚に出会えちゃうんです



それでは、愛くるしい魚も採取できたことですし、いざ水槽へ......
ではなく魚たちにはまだ頑張っていただきます!!
(※ちなみに今回採取出来た魚はハタタテダイです)


外の海からやってきた魚たちは、寄生虫や病原菌を持ってるかもしれません。

そのため、それらをやっつけるため淡水浴エルバージュ
という作業を行います。

淡水浴では、その名のとおり海水魚を1分間様子を見ながら、淡水を泳がせます!!泳がせる前にも、
水温を合わせたり、カルキを抜いたりと魚にとって万全な状態で行います



やはり海水魚にとって淡水は苦手なようで、中には少しグタッとなる個体も、そんな個体には
無理をさせず、すぐ海水に戻してあげます

その後、エルバージュという殺菌作用のある薬品を溶かした水の中に移し、2時間薬浴をおこない、




こうして魚たちは、この写真のようにタッチングリーフや水槽へと仲間入りをはたすのでした〜



コメント
コメントする








   

DateYear
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
OMRC
オキナワマリンリサ−チセンタ−

ドルフィン&スタッフ2010(1).jpg
OMRCは、1995年より「楽しく遊びながら学ぶ」をコンセプトに、沖縄県内2ヶ所「ルネッサンス リゾート オキナワ」と「もとぶ元気村」にて、イルカと遊ぶドルフィンプログラムや自然と遊ぶリーフプログラムを開催しています。

お魚スイッチ

ドルフィンアイランド

Dolphin Island

Navigation

Recent Entries

Monthly Archives

Search

ブログを検索: